ブログ

Jimdoで階層メニューを使って多言語サイトを作る

コロンブスの卵のようですが、Jimdo無料版の機能だけで簡単に多言語サイトを作ることができます。実例が、富士の国やまなし通訳案内士会(FYGIA)のホームページで、なんと日英仏中露の5言語が用意されています。(注:FYGIAホームページは、Jimdo有料プランで作成されています。)

 

FYGIAのホームページで多言語サイトを実現している仕掛けは階層メニューです。言葉ではわかりづらいので、以下にイメージを掲載します。

サイドバーの日本語メニュー side-menu-en

 

作成した個々のページに各言語のコンテンツを作成すれば、立派な多言語サイトができます。

ちなみに、上部にナビゲーション(メニュー)があるレイアウトだと、階層メニューではなくプルダウンメニューになるため、使用感は今ひとつです。自分が使いたい言語にポインタをもっていき、そこで表示されたメニューを選択しなければなりません。以下のスクリーンショットは、この操作を行って表示させたものです。

トップ日本語メニュー

 

トップメニュー英語

 

何もしない状態では、以下のようにナビゲーションに言語が並んだだけになってしまいます。

トップメニュー

選択できるレイアウトに制約がつきますが、階層メニューを活用して簡単に多言語サイトを作ることができます。トリッキーなことは何も行っていないので、安心して採用できる方法です。

ホームページ作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 専門家から経営支援を受けよう
  2. 非製造業の業務改善にもIE(生産工学)の発想が有効
  3. フットサル 経営とは「問題解決」である
  4. 稲穂 ブログのネタに困ったら作ればいい
  5. Zoho Sitesの無料版が強化されました
  6. PCと、印刷された報告書 なぜ力業で済ませてしまうのか
  7. 名刺印刷業者のご紹介
  8. アンケート Excelの帳票を見直そう

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP