ブログ

経営とは「問題解決」である

フットサル

「問題解決」とは

当事務所のスローガンは「経営をよくする!問題解決プロフェッショナル」です。「問題解決プロフェッショナル」だけを掲げていたときには、経営者の方から「当社は『問題』を抱えていないから、ご縁がありませんね」と言われることがよくあり、前に「経営をよくする!」をつけるようになりました。

この「問題」ですが、決してネガティブな事象だけを言うわけではありません。学校の授業で解いていた「問題」を思い起こしていただきたいのですが、解くべき課題を「問題」と言います。仕事や生活などでの現実の問題、すなわち解くべき課題とは「目標と現状のギャップ」です。

問題解決のフレームワーク

「問題」を定義できたら半ば解決したようなもの

さて、「問題=目標と現状のギャップ」というと簡単に聞こえますが、いざ明確にしようとすると思いのほか難しいものです。

目標は、ルールや論理によって機械的に決まるものではありません。目標は目的に照らして決めることで、何を目的とするかは、問題を定義する人の価値観に基づきます。また、現状をどのように評価しているかによっても変わります。そのため、まず目標設定で悩むことになります。

「現状の評価」と述べましたが、これも簡単なことではありません。評価尺度を決めるのがなかなか難しく、定性的な評価になりがちです。しかし、「問題=目標と現状のギャップ」ですから目標も同じ尺度で設定しますし、場合によっては、問題解決の活動中に達成度合いを同じ尺度で測ることになります。「測れないものは改善できない」と言われることもあるように、工夫を凝らして尺度を決める必要があります。

経営者の仕事は「問題」を定義し、解決し続けること

首尾よく問題を定義でき、解決のために対策を講じ始めたとします。対策の成否や他の要因によって、現状は刻々と変わっていきます。

対策が奏功して現状が目標に達したら、その問題は解決です。しかし、現状が改善したことによって、目標をさらに高く置こともあります。また、その問題が解決したことによって、他の目標を定めるべきこともあるでしょう。いずれにしても、次なる「問題」を定義して、新たな対策を講じ始めることになります。改善活動にも似て、問題解決は終わりのない活動です。

経営者の仕事は、業務全体を見渡して現状を把握し、適切な目標を定め、目標と現状のギャップを埋める活動を行い続けることです。

この記事は、本サイトの「経営コンサルティング」に記載した内容を元にしています。


参考資料ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. バックアップ ホームページをバックアップしていますか?
  2. スマホとガラケー Zohoメール用にSPFレコードを設定する
  3. PCと、印刷された報告書 なぜ力業で済ませてしまうのか
  4. 専門家から経営支援を受けよう
  5. 名刺印刷業者のご紹介
  6. 成果主義で適切な財務目標を設定するためのポイント
  7. キーボードと万年筆 利用環境が多いならOffice 365 Businessがお得
  8. Flying Logic Proの購入方法

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP