ブログ

ホームページを開設したらGoogleアナリティクス

私は昨年(2014年)6月から通訳案内士向けHP制作セミナーを不定期に開催しており、11月には「0円から始める」中小企業向けWebマーケティング入門を開催します。また、中小企業や各種団体のホームページの制作に携わっています。

ときどき勘違いされている方がいらっしゃるのですが、ホームページを開設したら自動的にアクセスされる訳ではありません。仕組みとしては「世界中からアクセス可能」になりますが、開設イコール「世界中からアクセスされる」とは決してならないのです。もちろん、Google、Bing、Yahooなどの、主だった検索エンジンに登録した上での話です。

私が制作・運用しているサイトは、DoorKeeperのコミュニティなども含めると10ほどあります。制作後にとくに努力していないサイトのアクセス数(PV=ページビュー)たるや、惨憺たるものです。そうしたサイトの1日のPVは、0が普通です。残念ですが、これが厳しい現実です。

ものづくり企業ではカイゼン(カイゼン)が常識で、KAIZENは英語としても通用します。(残念ながら、Wikipediaの記事では「改善」の画像が誤っています。)カイゼンの前提となるのが、「計測できること」です。逆に、「計測できないものはカイゼンできない」とも言えます。

ホームページのカイゼンには、Googleアナリティクス(以下GA)が事実上必須です。GAは無料で利用できるすばらしいサービスで、Zoho SitesやJimdoなどのWebサイト構築サービスで使用することができます。

日々、GAでアクセス解析を行って、どんなキーワードで検索されているか、どんな人がアクセスしているか(性別、年代、地域等)、どのページに最初にアクセスしているか(ランディングページ)、どのページでサイトを離れているか(離脱ページ)、どのくらいサイトに滞在しているか、どのようにページを渡り歩いているか、などを分析します。

こうした分析に基づき、まずはPVを増やすことが先決です。PVが増えないことには、仕事のオファーはありません。

サイトを開設したもののGAを利用していないという方は、できるだけ早くGAを設定し、アクセス解析を始めてみてください。
ホームページ作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. キーボードと万年筆 利用環境が多いならOffice 365 Businessがお得
  2. ブログ 負担なくホームページを更新するためにブログを活用
  3. レトロな看板 「看板ホームページ」は無益どころか有害
  4. 釣り ホームページのブログでは事業を意識する
  5. ビジネスフォン Excelでの顧客管理からCRMへ移行しよう
  6. Microsoft Wordを使って効率よく英文を書こう
  7. スマホとガラケー Zohoメール用にSPFレコードを設定する
  8. PCと、印刷された報告書 なぜ力業で済ませてしまうのか

最近の記事

PAGE TOP